スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストワルツ

学生の今シーズン最後の九州大会がありました。四年生にとっては、九州最終戦。この時、上級生を送り出すセレモニーをラストワルツとよんでいます。ですから、上級生達を送り出す下級生達にとっても、とても感動的な競技会なのです。もう、16年も前のことです。僕と容子先生も、当時4年生と2年生(部歴は1年)のコンビで、この最終戦でチャンピオンになりました。
彼女が入部して来たのは、ダンス部が廃部危機に揺れていた秋の頃でした。僕は当時3年生で先輩が2人、後輩の2年生が1人の4人の部でした。そこに彼女がやって来たのですが、『嬉しさ』と『どうしたものだろう』といった気持ちが半々だったのを覚えています。なぜなら、上級生がいなくなったあとの実質的な運営は不可能に近かったからです。とにかく、複数の、できれば5人以上の新入生の確保が絶対条件だったのです。12月に4年生が卒部して、2年生の女の子も見切りをつけ去って行きました。これで、2人となってしまいました。絶体絶命でした。なぜなら、仮に新入生を1人確保出来たとしても、その子をつなぎ止めておく為には人手が必要です。同時に新たな新入生確保は、もはや至難の業です。また、通常新入生勧誘時にはお金を出し合って色々とイベントを企画するのですが、二人ではもちろん資金も全く足りず、結局早い段階で僕も彼女も今までのお年玉等の貯金は、全部使い果たしました。資金のめどをつけるため、OBOGに資金を呼びかけました。人手確保に他の大学に支援してもらいました。しかし、5月になっても新入生は1人、彼女は胃潰瘍、もう・・・もう死に体。この状況で自分のハッピーなラストシーズンを想像することはできませんでしたし、考えてもいませんでした。ましてや、まだダンスすらしたことの無い彼女に、ほとんど教えてあげれていなかったのですから。しかし、不思議と二人ともあきらめていなかったのです。それが伝わったのか、そのたった一人の新入生の子が自ら勧誘を手伝ってくれたのです。ここから、怒濤の奇跡が始まりました。ゴールデンウィ−クを過ぎると、以前勧誘していた子がゾロゾロと入部して何と男子4人、女子4人の新入生達が。そこから、やっと練習に着手した僕たちは6月の大会でメダル圏内へ。ダンス経験の全くない彼女は、まだ入部半年ですから、この順位は今の学生達もとても驚きます。そして、夏が過ぎ、11月の最終戦の2週間前の大会。僕たちは、負けたのです。種目別では2位まで上げたものの、ここまでか?という思いでした。とにかく、疲れきって一週間は練習ができませんでした。しかし、ここで黙っていても次の大会は来る、そう思っておもむろに練習を開始しました。特に、強い気持ちだとか、奮い立たすだとか、そういったことは気持ちは特に無く、無心に近かった様な気がします。ここまでに、色々ありすぎたのかもしれません。そして、迎えた最後の大会。この最終戦は毎年異様な空気に包まれます。その日もそうでした。あたり全体が霞んでいる様な、そんな。自分の種目を踊り終えると、いつもと違う清々しさがありました。そして、いよいよ結果発表。このときには、何故でしょうか、もう呼ばれる様な気がしていました。それが『九州学生大会制覇』の瞬間でした。こんな気持ち良い瞬間があることを初めて知りました。そして同時に、支えてくれた色んな人々に感謝をする気持ちも溢れてきました。あまりに忙しすぎた一年だったので、すっかり忘れていたのですが、あとでOBの先輩にこう教えられたのです。『お父様に(卒部に対し)祝電を頼んだのだけど断られちゃった。今日が命日だったんだね。』。そう、5年前に亡くなった母の命日だったこと。これも、この奇跡物語の一つだったのかもしれません。
今日の学生に信じることを強く教えています。自分を諦めないことを。自分で考え乗り越える力こそ、最も大切な力だということを。
ラストワルツ1ラストワルツ2
ラストワルツ3

スポンサーサイト

僕たち私達の未来

『(Q)22世紀の日本はどうなっているか?』
『(A)普通にドラえもんが生まれている』
『(A)逆に地球寒冷化が始まった!』
『(A)年金受給開始が100歳からになっている』
『(A)結局、大阪は大阪のままでいてほしい 』
『(A)総理大臣日替わり制 』
『(A)長崎の島々があつまってひとつの島を形成中』
まぁ、いいや。まじめな話に変わるのですが、小学校の頃『僕たち私達が描く未来(すかいらーく)』ポスターコンクールがあって、佳作に入ったことを思い出します。全国区のコンクールでしたからホント嬉しかったです。さて、未来ってどうなってるんでしょうね。僕たちは未来の人たちの為に何かしなければいけないのか?するとすれば何をしなければならないのか?未来に夢を馳せている希望の世代に、何を残しておいてあげなきゃならないのか?
さて、今日の一曲

今年最終戦

全九州学生ダンス大会が、次の日曜日に行われます。教え子を含め、学生達には良い踊りをして欲しいと心から願っています。
さて、私も学生出身のダンサーなのですが、95年に卒部ですから、もう16年が経ちました。本格的に学生を指導しはじめたのは10年程前。その時の教え子が全九州学生タイトルをとり、全日本学生大会でも種目別決勝に残ると、以後優勝請負人の様な感じになって行きました。指導したカップルの中から10年間全九州学生チャンピオンが、また全日本学生大会の種目別でも過去5組の決勝進出者が出ています。今年はとても熾烈で、3組のチャンピオン(優勝を分け合っている)が誕生し、12月に行われる全日本種目別も大変楽しみにしているところです。
学生ダンサーの良いところは、短期集中型であること、元気ハツラツであること、感受性が強いことが上げられます。逆に、プロやアマチュアに当てはめるとこの3点は結構ネガティブなことが多く、目標が曖昧でエンドレスになりやすいこと、中途半端に上手くなってしまうこと、感受性が乏しくなってしまうこと。目標設定をしっかりとし、どん欲に求め、色んなものに触れることが大切だということを、僕は逆に学生から学んでいます。
さて、今日の一曲

悪人

映画館ではなくTVで見たんですけどね、『悪人』。沢山の賞をとっただけあって、良い映画でした。ちょっと疲れましたが。普段はこの手の映画は見ない様にしているんですけど。心が疲れちゃうんです。しかしながら、俳優さんも、映像も良かったですね。ちょっと、方言は気になりましたが。
自分の中にある、甘え、惰性、自立心、虚勢、自尊心、道徳感、そして愛するという事。映画を見ていて、えぐり出されるような、そんな感じでした。
さて、今日の一曲。バンドブームありましたね〜。

スタッフ旅行

不景気のあおりを受けてか、慰安旅行等の会社の福利厚生が減っているそうです。
ところで、僕たちスタッフ内では毎年、春のお花見、食事会数回、6月頃と年末にスタッフ旅行等があります。もちろん費用は教室持ちです(泣)。最初、4人で始めた教室でしたから旅行も4人でした。年末の旅行の第一回は阿蘇ファームランド1泊2日。初めてだったから楽しかったなぁ。結局、一年目を終えた安堵感が癒しに変わったのでしょう。第二回は嬉野温泉1泊2日。一日目の温泉と鍋までは良かったのですが、スケジュールのたて方が雑だったため、不発の旅行となり『来年こそ!』と誓った旅でした(スタッフに申し訳なかった)。第三回は、三井グリーンランド2泊3日。スタッフは、バイキングで食べまくり、2日間ジェットコースターに乗りまくっていた・・・。第四回は、鬼木が入って五人となり、宮崎シーガイア2泊3日。五人になった喜びが一番。埴輪をつくったり、チキン南蛮を食べたりと何をやっても楽しかった。最も派手だったのが、五周年記念晩餐舞踏会後の香港3泊4日。ディズニーランドに行ったり、ホテル最上階ラウンジで飲まないお酒を飲んだりと贅沢な4日間でした。このあたりから、少しずつ派手さが癖となり・・・。第六回が釜山3泊4日。行きのフェリーでは、カラオケで歌いまくり、ついたら焼肉を食べまくり、市場では買い物をしまくりました。第七回が大阪USJ 2泊3日。道頓堀で串揚げを食べまくった直後、ホテル最上階ラウンジで夜景を見ながら『マジか?』と思う程高いフルーツをつまみに、飲みもしないお酒を飲んで。USJで遊びまくり、新喜劇を見て笑いまくった旅。そして今年は、スタッフの要望で再び釜山です。スタッフも毎年楽しみにしていてくれるようで、何よりです。実はこの旅行。現地のスケジュールも全てこの僕がやります。第二回目の反省を踏まえ、かなり綿密に(パンフレットも作ります(下写真))。
さて、この旅行で二つの約束事があります。いっさい仕事の話はしないという約束です。スタッフが行きたくなくなったら行かないという約束。簡単な様で意外と難しい。
この教室の一番の売りは『チームワーク』。そのチームワークの源。
さて、今日の一曲。今日はこれ
写真

日本シリーズ第三戦直前

日本シリーズが始まりました。何と敵地で2試連勝した中日。さぞかし、三重にいる親もビールがうまい事でしょう。さて、ソフトバンクが優勝する為には4勝が必要。5試合中4勝。そう考えると、厳しい感じがしてきます。しかし、中日ができた様に敵地で2連勝すれば五分。落合監督が二試合目終了後のインタビューでこんな風に言っていました。『目の前の試合をきっちりやるだけです。』と。勝とうが負けようが、その試合に全力を尽くすこと。仮に負けたとしても、内容が良ければ良し。一試合一試合にベストを尽くす事。だから、あと何試合と考えるのは良くない。中日は、そう戦って来たのかもしれません。クライマックスシリーズで集中力が切れたわけではないでしょうが、ソフトバンクが目の前の試合に集中しきれた時、もっと接戦になるのではないか?と思っています。
さて、今日の一曲。名曲中の名曲ですね。

犬の話

まだ、小学校に入る前だったか・・・。うちに子犬がきました。真っ黒なかわいい子犬です。ただ、他の記憶がほとんどありません。いや、もう無くなったのかもしれません。その子犬に名前をつけることになり、考えた事は強く記憶にあります。僕たち兄弟にとって、初めての出来事だったからかもしれません。名前は【ボン太】。当時、三重県は四日市に住んでいた僕のうちの周りは、田んぼだらけでした。田んぼを逆さから呼んだ、ただそれだけの名前です。子供の発想ですが、なかなか良い名前でした。しかし、それ以上の記憶はあまり無いのです。もう一つの強い記憶は、ボン太が交通事故にあったときの記憶。その日は公園で遊んでいました。やっと、ボールを拾える様になったのです。とても楽しかったのは覚えています。何故なんでしょうか?間もなく、ボールを無視して公園を飛び出て行くと、車のブレーキの音が。一緒に病院へ行ったのですが・・・。今でも犬は大好きです。まだ、怖いですがいつかチャレンジしたいです。
今日の一曲

オペラ座の怪人

先月ロンドンへ行った際、劇場で『オペラ座の怪人』を見た事は先の遠征記にてお話した通りなのですが、今一度詳しく。僕にとって人生初のミュージカル。非常にワクワクしながら劇場へ行きました。・・・感想は『超最高!』。自分が英語ができない事等、不便に感じる事も無くあっという間の三時間でした。そういえば、生徒様で良く洋楽は分からないという方もいて、理由を聞くと英語がわからないからだと。となると、クラシックも無理ですね、だって歌詞がないから。そもそも音楽を感じる時、歌詞を理解しながら聞く何ていうのは、何回か聞いているうちの話で、良い曲だなと感じるのにいちいい理解等必要ないと思うのです。ただ、そこにある音楽に素直に反応するというか。今回のミュージカルもそうでした。必要だから歌い、踊り、演じる。そんな感じでした。とくに、ミュージカルを見た!という感覚ではなく、その世界にいた感じ。
さて、今日の一曲。もちろん、これ

日本シリーズ

いよいよプロ野球も佳境に入ってきましたね。今年の日本シリーズは『中日VSソフトバンク』。思い出しますね。何年か前にもこのカードがあったんです。
実は私、三重県四日市生まれで7歳までおりましたので『ややドラゴンズ』なのです。当時の日本シリーズは、微妙なニュアンスで戦況を見守っていまいました。それに、実父はドラゴンズを応援しているでしょうから・・・。まぁ、どちらが優勝してもやや残念でちょっと嬉しい感じでしょうか。
さて、今日の一曲です。このグループからもう一曲。今日の一曲

博多天神落語まつり

10/29日は38回目の誕生日だったのですが、少し教室を抜けだして『博多天神落語まつり』へ出かけました。この落語まつりは、第五回を迎えたみたいですが、東西の噺家さん達が一堂に会するとあって大人気。チケットもすぐ売り切れてしまうそうです。運良く手に入れたチケットを持ってワクワク。福岡銀行のお昼の部に行ってきました。出演は、林家三平、桂きん枝、春風亭昇太、林家木久扇、立川談春、桂南光。落語好きでなくても有名な方ばかり。とにかく、大満足の約3時間。来年も絶対行きます!
さて、今日の一曲。このグループも良いですね。この曲、大好きです。ふと人生について考えます。今日の一曲

寄席二寄席3

素敵な金縛り

今日は現在上映中の『素敵な金縛り』。三谷幸喜さんの作品です。過去に何作品か見たのですが、どれも面白く、着眼点にも関心しました。奇想天外の様で実はシュールなお話が多く、何より見た後の後味が良い。僕採点は『☆☆☆☆☆』。深津絵里さんも良い女優さんで大好きです(ちなみに、僕と同じ歳です)。役者さん達も、楽しんで撮影に臨んでいる感じが画面から見てとれます。自分たちが今までに培ったものを、ストーリーの中で自由にかつ上手く調和させているといった感じでしょうか。また、僕は全くもって霊的な現象などどうでも良いと思っている立場なのですが、中井貴一さんの役は凄かったですね〜。この映画では、殊勲賞ものでした。映画館で笑いが漏れる映画ってそうないと思うんです。そういった意味でも、良い映画でした。
さて、今日の一曲。じゃぁ、今日も映画音楽行きますか?今日の一曲
プロフィール

ニレニレ

Author:ニレニレ
☆☆ダンス舞ライフ☆☆
 ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。