スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G-SHOCK

基本として、赤が好きなんですね。しかし、30代前半までは赤を身につけることはありませんでした。赤と言えば、今まではパートナーに赤のドレスを着てもらう事は多かったのです。少しお洒落でもしようかな?と思ったのがきっかけで、『赤』解禁!となりました。今後、この『おしゃれ』のコーナーでも、赤ばっかりと思うくらい出てきますのでお楽しみに!このG-SHOCKは一目惚れで、写真の色よりはもっと赤が強いです。夏場は汗でステンレスだと気持ち悪くて。夏らしいアイテムとして愛用中です。と言っても、普段はあまり腕時計をしません。付けるのは思い出したときにファッションとして。
まだまだ夏、今日はこれで。今日の一曲

G Shock
スポンサーサイト

世界柔道

パリで行われていた世界柔道が閉幕した。前半の軽中量級ではまずまずだったものの、それ以降は惨敗に近い格好となった。僕は、スポーツが好きなので、F1、水泳、陸上、バレー、テニス、ゴルフ、バスケ、サッカー、野球、卓球、ラグビー、アメフト、ツールド、ボクシング等々、ありとあらゆるジャンルを見る。しかしまぁ、柔道程負けて悔しい気持ちになるスポーツはない。何故だろう・・・。相撲は、相手を投げ飛ばして、その上『どうだ!』とばかりに睨みつけたり、ガッツポーズをすることは無い。もし、そんな事をすれば(最近の力士にはいたが)ブーイングものだ。『勝てば良い!』。スポーツだから、勝ってなんぼ。負けて語れば、負け惜しみにしか聞こえない。だからと言って、フランス選手団が、審判にプレッシャーをかけるか如く、観客を煽ってブーイングを誘う行為(しかも重量級世界王者が)はとても見苦しかった。確かに、世界の戦い方になじめず(組み手重視等)負けた日本にもイライラはする。しかし、その事を含めて、一体『柔道界』は世界に柔道を広めて何がしたいのかが見えてこない。勝ってなお、畳から出るまで相手への敬意を忘れず、勝利の味を師匠とアイコンタクトだけで味わう様な、いわゆる日本独特の伝統文化が世界には輸出されていない。だからこそ、敢えて声を大にして言おう!柔道は国内戦が面白い。

ベイサイドプレイス博多

昨日の夕方、散歩しました。ベイサイドプレイス博多へです。自宅から歩いて10分〜15分位かな?タワーにのぼってみた夕日は、絶景でしたね(写真上二枚)。70メートルのタワー、これなんと!無料です。また昨日は、たまたま盆踊りもやっていまして、日本の夏に浸る事が出来ました。夕食もベイサイド内にあるレストラン『恋する魚』で魚料理を頂きました(写真下段)。そう言えば、巨大水槽もあったりして意外と暇つぶしのできる場所だなぁと思いました(写真下段)。確か、他にも手品を見せてくれたりするレストランもあるんですよね。今度はそこにも行こうかな。
夏、海と言えばもうこの曲ですね。今日の一曲


ベイサイド3ベイサイド4
ベイサイド1ベイサイド7

プーマ&フェラーリ

今日の通勤靴です。プーマのシューズですが、よく見ると黄色のエンブレム。フェラーリです。フェラーリF1チームのイメージで、赤フェラーリが大好きです。街で歩いていると少し目立ちますかね。もし、運転免許を持っていて、車が大好きなら、フェラーリを買って乗りたいくらいです。しかし、免許もない、車に興味もない、そもそもお金がない。
一昨年くらいに香港で購入したのですが、如何せん、休みが少ないですし通勤距離も短いとあって、汚れない&傷つかない。ご覧の通り2年はいても新品のようです。このシューズ、色もそうなのですが、形、軽さも気に入っています。

なんかワクワクさせてくれるこの曲。今日の一曲
プーマシューズ

あぶない刑事

この前、横浜に行きました。レッスンを受けにいったのですが、合間に師匠の八幡先生から『お茶を飲みにいこう』とお誘いを受けご一緒に。そこは、横浜赤煉瓦倉庫。どっかで見たような?僕が小学生か、中学生の頃だったと思います。『あぶない刑事』。流行りましたね〜。ハチャメチャなコメディー刑事ドラマ。映画も何本かでました。出演者は、舘ひろし、柴田恭平、浅野温子、仲村トオル、中条静夫、木の実ナナ等々そうそうたる面々。ああ言うドラマ、好きだなぁ。心の中で言っちゃいましたよ『タカッ!』
(ドラマ中、鷹山刑事(舘ひろし)を呼ぶ大下刑事(柴田恭平)の真似)

鹿児島では当時夜中に放送されていました。眠い目をこすりながら聴いたこの曲。今日の一曲

横浜横浜2

香川うどんツアー

そう言えば、ゴールデンウィークは香川に遊びにいきました。車を持っていませんので(というか免許も持っていませんが)、電車で行ける範囲内ということになりますが、そう言う意味でもなかなか手頃な場所でした。お目当ては、もちろ〜〜〜ん『讃岐うどん』。食べまくりました。毎食毎食『うどん』。ひたすら『うどん』。2泊3日『うどん』。でも、飽きないんですね。不思議です。食べる度に勝手にランキングを付けていました。その他にも、小豆島にわたったり、金比羅山にのぼったり・・・。有意義なゴールデンウィークでした。
ちなみに、スタッフ旅行も家族旅行も大抵は全行程を僕が作って行くんですね。パンフレットも作って。今回の家族旅行は、奥様は当日新幹線に乗車後もまだ行き先を知らされず、というツアーでした。
海を見ながら聞けばまた違った風に感じるものです。今日の一曲

小豆島金比羅山
香川うどん1香川うどん6香川うどん2香川うどん3香川うどん5

そば茶屋 吹上庵

鹿児島のおいしいお蕎麦屋さん『吹上庵』は、水車小屋のたたずまい。そこには、小さい頃家族で行った沢山の思い出があります。昔の家庭では今程外食をしませんから、とてもワクワクした事も覚えています。迷うんですよね〜、お蕎麦はもちろん、天丼もおいしいし・・・、あぁ、鴨南も。良い時代だったなぁ。このたたずまいでしょ、年末なんかそりゃもう、風情があって。県内のチェーン店です。鹿児島にお寄りの際は是非ご賞味下さい。
思い出と共に心に残っているものって何ですか?今日の一曲
そば茶屋2そば茶屋
水車小屋が素敵             丸に十の字の瓦が良いね

沢山の拍手ありがとうございます。

ひまわり

残念なひまわり発見。何と道路から見ると全部背中を向けている。かと言って、敷地内からも死角。これはもう失策では?いや!もしかしたら、植えた方が意図的に彼らの背中を見せたかったのかも。普段余りお目にかかる事のないひまわりの背中。そう言えばどことなく凛としている。太陽に向かって背を伸ばす凛々しさが背中からもうかがえる。
今日の一曲

ひまわり
ブログが良かったら拍手下さいネ。

からすの子

ブラックプールに行く前ですから、五月の中旬くらいだったでしょうか。『ぴぃぴぃぴよぴよ』って。ふと見ると、教室の向かいの木の陰に巣らしきものが。鳥の種類を確認するため、親の帰りを待っていると何と『からす』。親が帰ってくると巣の中から幼いくちばしが。しばしその光景に癒されていました。ある程度の体長もあったようでしたので、ブラックプールから帰る頃にはきっと巣立っている事だろうと思いました。しかし、帰国直後に訃報を聞かされました。巣から落下‥…。生きるって大変なことなんだと改めて痛感しました。簡単に生まれ、ここまで来たと思っていますが実は違う。生きている事が実に奇跡。鳥は最後に命をかけて飛び立つ。人間も多かれ少なかれ同じ。だからこそ、大空を舞う権利を与えられるのでしょう。
今日の一曲

カラスの巣
ブログが良かったら拍手下さいネ。

キッズクラス

キッズクラスがスタートします。教室開講から早8年。待ちに待ったキッズクラスがスタートします。ワクワクしますね。来週月曜日19時からスタートのこのクラス。5歳、4歳、3歳の男の子と女の子が現在4名。まだまだ募集中です。知り合いのお子様で興味のある方がいらっしゃれば、是非、お伝え下さい。

福岡銀行前で

福岡銀行前で吹奏楽をやっていました。ジブリ映画シリーズを聞きました。何の団体かは知らないのですが、生演奏を聴けて少し得をした気分になりました。こういう試みも良いなと思って聞いていました。そういえば数年前、この福岡銀行の地下にあるコンサートホールで、福岡銀行の楽団の方とコラボレーションをした事を思い出しました。楽しかったなぁ。
福銀前

桜島

改めて見ると凄いなぁ、桜島は。活火山が、県の中心に、それも海に浮かぶ様にドッカンと。しかし、学生時代はひどかった。毎日の様に振る火山灰。目は開けられないし、閉め切った教室の中は蒸し風呂の様だし。今は街もキレイ、ご機嫌の良い桜島を見ることが出来る。でも、どこか寂しい気もするのです。たまには、一発ドカ〜ンと。
桜島

フェリーのうどん

先日、里帰りの際にフェリー(鹿児島市⇔大隅)に乗りました。もちろん、フェリーに乗らないと陸周りで鹿屋市まで行くことになりますから、乗り物酔いをする僕にとっては苦渋の選択ですが、いつもどおり『フェリー』を選択。このフェリーに乗ると、小さかった頃の記憶がもれなくついてきます。フェリーの中で食べるうどん。昔はもっと良かった。海風に当たりながら食べる事が出来たからです。今は室内。ある時は田舎に向かうワクワク感とともに、又ある時は田舎から帰る際に故郷を思いながら食べる。冷静に味わうとめちゃくちゃ美味しいわけではないのですが、入船するや否や店は繁盛します。そんな『うどん』なのです。
お店の中がYOU TUBEでアップされていました。

うどん

コクリコ坂から

絶賛上映中の映画『コクリコ坂から』を見に行きました。僕は普段から、青春時代に生きてみたい年代として昭和30年代40年代をあげています。夢がある。夢に見ていた事が現実になる時代。本当は今もそうなのですが、残念ながら心にリアリティーが無い時代。どんな小さな事にも、もっと素直に心を動かせる世界になれば良いのに。『自分が動き出さなければ、変える事が出来ない』どこか他人任せな現代人に、強烈な右フックをお見舞い出来たであろうこの作品を軽いジャブ程度にしたところも憎いですね。そんな事を考えている僕にとって、この映画は本当に面白い映画だと思いました。
も良かったね。

阿寒湖にて

家の居間にはこいつがいます。フクロウの置物です。北海道に旅行に行った際、縁起が良さそうだったので、買いました。そこのお店のアマンカムイ(写真で一緒に座っています)と言う木彫りは賞も頂いたそうです(新聞より)そっちと迷ったのですが、フクロウにしました。決め手は、雰囲気ですね。胸の突き出し具合がいい。実際、そこら辺の兼ね合いが難しいそうです。実物は結構大きくて、高さが40CMくらいあります。たま〜に、胸のあたりをなでています。そうすると、縁起が良いそうです。
アマンカムイフクロウ置き物

その名も大名食堂

たま〜に行くお店です。大名にあるその名も大名食堂。勝手にブログに載せていいものか分かりませんが。半日休暇の水曜日に行ってきました。定食の種類が多くて迷ってしまうくらいなのですが、今回はサバみりん定食1200円。高いと思われるかもしれませんが大満足でした。美味しくて小鉢もあって男性の僕でも多いくらい。場所は分かり易いのですが説明しづらいので、上の大名食堂をクリックしてね。

大名食堂

第八回 ダンス舞ライフ主催 晩餐舞踏会

今年もやってきます、ダンス舞ライフ主催 晩餐舞踏会。12月16日金曜日、シーホークにて開催致します。今年のゲストには、知り合いでもある『イリア&ヴェロニカ組』を招聘予定。カップル歴3年ながら、世界選手権13位まで駆け上がって来ているカップルです。乞うご期待!その他、バイオリニストの生演奏とともにおくる優雅なフルコースディナー。本校生徒様40組の渾身の演技発表。スタッフによるこの時だけのスペシャルショータイム。是非、一緒に豪華な一日を過ごしましょう!
イリア
ゲストのイリア組

スタッフ旅行

7月17日だったと思います。夏の日帰りスタッフ旅行に行ってきました。スタッフとは、年二回の旅行をしています。夏は日帰りバスハイク、冬は2泊3日。今回は、滝と水族館に行きました。その滝は、滑り台の様になっていて子供達がワイワイとはしゃいでいました。僕も川につかりテンションアップ はしゃぎすぎて写真に映っているサングラスを川に放流・・・。サングラスの最後の写真となりました。ありがとうサングラス。
スタッフ旅行

九州新幹線

九州新幹線のキップを買いました。お盆に初乗車します。思えば、学生の頃。墓参りに帰る為に八時間近くかかっていた事を思うとまさに夢の様。鹿児島市内に一時間半で到着するわけですから。しか~し、そこからあと三時間はみないと着かないのが‥。お時間があれば、鹿屋を地図で見てみてください。

東日本大地震

東日本大地震から五ヶ月が経ちました。この間、現地の方は必死で復興に向かっているのでしょう。改めて一刻も早い復興を願うばかりです。
ところで、今回の地震に関わる色々な事から改めて分かる事『気持ち』。被災者を思い助け合う『気持ち』は素晴らしい事だと思います。一方、原発問題で揺れる中でおそらく経済の停滞を食い止めるべくやった事とは言え、やってしまった『やらせメール問題』。そこには、『気持ち』が足りなかったのだと考えます。こんな事をしたら人はどう思うだろうという『気持ち』ではなく、自身の中に少しでもあるはずの真っすぐな『気持ち』。テレビのテロップ問題も然りです。
先日、関東に行ったのですが節電に驚きました。自分にもリアリティーが無かったのだと反省しました。福岡にいると大地震がなかったかのような日々を過ごしてしまいます。あらためて未だに大変な思いをしている方がいる事を、真剣に考える『気持ち』が大切だなと。

地震2地震1
  横浜のコンビ二   ホテルエレベータの掲示物

松田選手

サッカー元日本代表松田選手が昨日亡くなりました。まだ30代、早すぎますよね。僕はご存知の通りサッカー観戦が大好きで、強く影響を受けたのが90年W杯イタリア大会でした。ですから、もちろん日韓ワールドカップも夢のような気持ちで観戦していましたし、松田選手のプレーも頭に刻み込まれています。それ以外においても、これまでの功績は凄かったですが、まだ、やりたかった事も沢山あったことでしょう。ただただ、残念なニュースでした。心よりご冥福をお祈り致します。
日本!日本!松田直樹!!
日本!日本!松田直樹!!

第二章始まる

長らく休止していた日記をスタートさせることになりました。ただ、休んでいた間、それはそれで楽だったわけでして。また、ホームページの掲示板とどう違うのかという迷いも生じたりと。とにかく、試行錯誤上手くやっていけたらと思っています。
第二章のご挨拶
プロフィール

ニレニレ

Author:ニレニレ
☆☆ダンス舞ライフ☆☆
 ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。