スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年あけましておめでとうございます。

2013年がスタートしました。
とりあえず、景気が上向き加減ですね。このまま実感が持てるまで続いてくれ!と願うばかりです。寒さは、まだまだ厳しいようですね。北海道のマイナス30度の世界なんて想像もできません。
全然関係ないですが、元AKBの前田敦子さんの物まねでプチブレイク(ブログ炎上中)のキンタローさん。何と、元社交ダンス講師なんだとか。嬉しいような、なんと言うか、まぁ頑張って下さい!
そんなこんなで、40歳になる今年も、良いことが起こりそうな気がしています。
スポンサーサイト

第九回晩餐舞踏会

12月14日(金)にシーホークで第九回晩餐舞踏会を開催致しました。毎年平日にも関わらず大変多くの方にご来場いただいているこの舞踏会。今年も160名の方にご来場いただき大盛会でした。演技発表者は全36組。普段の練習の成果を十分に発揮されていました。
今年は容子先生が欠席。容子先生の生徒様は寂しい思いをされた一年でした。しかし、しっかりと自立したその踊りは大変心に残りました。順調に行けば来年の秋頃には復帰できるかなと思います。今はただゆっくりと一歩ずつ歩いていますので今しばらくご協力下さい。
さて、来年は10周年。ぼちぼちプランもたて始めています。皆様とともに輝ける2013年に出来ればと思っております。今後とも宜しくお願い申し上げます。
ありがとうございました。

全日本学生競技ダンス選手権大会

今年も、12月9日に大学生ダンサーが集結する全日本学生競技ダンス選手権大会が関東で開催されます。
さて、僕も九州学生ダンスの指導者として本格的に関わり始め今年で10年になります。『本格的』とは、『全国大会で結果を残す』と言う意味も含まれています。この10年では、教え子達の中から02年04年05年07年09年11年大会と実に6名のファイナリストが出ています。九州の学生達も決して負けていません。よく努力をしています。ましてや、今年の全九州学生大会を見ても、男性女性どちらかが四年生のラテンカップルは、たった10組位しかいないのが九州の現状なのですから。その中から、全国大会でと考えると、本当によく頑張っていると思います。
若い時代に、『僕たち(私達)も、やれば出来る!』と自信をつけさせてやりたいと言う思いがあります。それは何も全国大会でなくてもいのです。その子が少し背伸びし、努力すれば得ることのできる『スモールサクセス』。
今年も、ドキドキしながら吉報が届く事を願っています。

メダルテスト

昨日は、ベイサイドホールにおいてアマチュア技術検定試験が開催されました。これは、福岡県社交ダンス教師協会福岡支部が主催し、年3回開催されているアマチュア技術検定試験になります。受験者の方は緊張しつつも日頃の成果をしっかり発揮されていました。僕は、支部長ということで卒業級の受験された方への表彰を致しました。卒業までの道のりは早くて4年となります。僕ができる事は些細な事ですが、受験者へのねぎらいの言葉を自分の言葉でかける様にしております。IMG_2959.jpg

のら猫ちゃんワールド

最近、のら猫ちゃんを動画で撮影して、You tubeに投稿しています。よく出会う猫ちゃん達なのですが、とても人懐っこいのです。きっと、この辺りの方々が良い方なのでしょうね。僕自身も動物が大好きなので時間を忘れて楽しんでいます。先日は、お弁当を持ったまま猫ちゃんを呼んでしまい、猫におこられる始末でした。まぁ、猫としては何かくれるのだろうと思ったに違いありません(笑)のら猫ちゃんワールド

ハロウイン

それは、約束通り10月31日に決行されたのです。
今年も有志を募り、仮装をし、天神の街を行進してきました。と言っても、僕自身は初参加で。実は昨年のこの日は、感染性胃腸炎となり、3日後にロンドン遠征を控えていたこともあり大事をとって回避したのでした。ですから、今年の楽しかったこと楽しかったこと。ちびっ子が参加していたことも勇気づけてくれました。だって、子供達がいたらからまれることも無いですからね。そこら中から『キャ〜可愛い〜ぃ。』って。そりゃそうでしょ。着ぐるみしなくても可愛いもの。僕も、若者にメジャーなスーパーマリオを装着していたため『あっ!マリオだ!』なんて言われ、徐々に気を良くしていったのでした。で、何のお祭りだっけ?
IMG_2915.jpg


インターネット社会

そう言えば、まだ子供の頃はインターネットはなかったわけで。便利になりました。わからないことがあったら、すぐ調べて分かる。本当に便利。しかし、明らかに何かが追いつてない、というより並行して別の何かが必要なのかも。安易に子供に与えるのも怖い。そこは、直接社会。自己責任の社会だから。危険性を教える事も重要でしょう。
ダンスは、アナログ最先端。自分の身体と常に向き合う。パソコンに向かっている時間には、自分と言うものに実感がない。そのギャップもひどく感じつつ、ブログ更新。

教室の近くの公園に猫が数匹住みついています。
その猫のうちの一匹、はなクロちゃん(私命名)は人なつこい性格です。きっと、公園に訪れる人達にかわいがられているのでしょう。人に対する警戒心など全くありません。僕は何度か、彼(彼女?)を携帯電話で動画撮影しているのですが、気分よく撮影に応じてくれます。おかげで、嫌な事があった時等その動画を見ると癒されるのです。ただ、一度も餌をやった事がありませんので、そろそろ嫌われるかも。

藤田三歩さん

失礼ながらトイレに飾っています。藤田三歩さんと言うメルヘン画家というのでしょうか。この絵とは、20年位の付き合いになります。何だかんだで結構、癒されています。
多分、中学生の頃だったと思います。絵が好きな僕の為に母親が買って来たものです。何故こんなメルヘンチックな?僕は保育園に通っている頃、良く一人で花壇に行っては『お花、奇麗ね。』と言っていたそうです。そんなエピソードを聞かされていましたから、なるほどとも。

藤田三歩さんのプロフィール
1950年神戸市に生まれ。
芦屋芸術学院卒業後イラストキャラクターの製作会社を設立。
87年NHK「婦人百科」に講師として出演し作品が全国に放映。
1993年他界。
43歳だったそうです。

先日、ふとトイレに飾ってあった額を外し、中を空けると藤田三歩『こもれびに走る』と。どんな方なのだろうと思いインターネットで調べると・・・。そんないきさつで知る事となりました。

不思議なご縁もありました。
まずは、
子供さんが猫カフェをされていてそこに作品も展示してある。
僕も絵の周りに猫グッズがおいてある。
二つ目は、
藤田さんのご主人はダンス教室をされているらしい。
僕もダンス教師のオーナー。
三つ目
藤田さんは1993年に43歳で他界されている。
僕の母も1991年に43歳で。

大阪に行ったら、猫カフェ(ギャラリー)に行ってみたいと思います。

萩原流行さん来校

昨日は俳優萩原流行さんが、雑誌の取材の為来校されました。もともと演劇に興味のあった僕。俳優さんとお話が出来るとあって、前日より少し興奮気味でした。ましてや、学生時代に良くテレビで見ていた俳優さんです。ところが、最近あまりテレビで見ないなぁと思っていましたら、少しお身体を崩されているとの事。また、眼光鋭いなかにも情の深い、流行さん独特の演技を見たいです。
さぁ、昨日は一時間にわたり流行さんとお話させて頂いたのですが、そのあたりから少し。演劇を時始められた頃に、色んなダンスをされたという事で社交ダンスも経験があるのだそうです。また、僕が猫の運動機能の話をした時、流行さんは猫の発声に興味をお持ちになった事があるのだと話して下さいました。猫の発声は、役者にとって大切な要素があるのだそうです。
毎回感じますが、一流の方にお会いして話をする事は本当に興味深い事ばかりです。
IMG_3096_2.jpgIMG_3093_2.jpg


終戦記念日

67回目の終戦記念日でした。この日だけは、少しだけ時間をつくって少し真剣に戦争のことについて、あるいは戦争にまつわる色んな問題について考えてみる事にしています。
以前もお話したかもしれませんが、社会人になりまだそんない稼ぎもない中で行った初めてのGW旅行。どこに行くか決めるのに時間はかかりませんでした。理由は2つ。ひとつ目は、資金不足で行けるところが限られていた事。ふたつ目は、昔からのある思いがあった事。それは、自立した自分の目で感じておかなければならない場所があると思っていた事です。『広島』。
小中高校を鹿児島県で過ごした為、鹿児島市に住んでいた時は知覧特攻基地、また、鹿屋に住んでいた時は航空自衛隊が側にありしました。修学旅行では、長崎にも行きました。そうした経験がきっとそのような思いにさせていたのでしょう。
さて、もう67年という事は、当時10歳だった方がもう77歳。こんな感じで良いのかと、ただ何となく焦ります。祖母の話ももっと聞いておけば良かっただとか、そういった事でもない様な気もするのですが。
人間は、知能を持っているだけ厄介です。だから『理解し合えるとか、出来るはずだ』とか、そんな概念にとらわれがちです。で、結果いつものパターン。終戦記念日、戦争を考えるとき、ただ無力・・・。せめて、戦争を経験された方達の本当の思いを知る事。やはりそこがスタート。

AED導入

教室にAEDを導入しました。自動体外式除細動器という、血液を送れなくなる重い不整脈の方に電気ショックを与えて救命する装置です。
先日、若い頃から大変お世話になった先生がおなくなりになりました。まだ60過ぎだったと聞いています。
その先生の教室は東京の鶯谷駅のそばにあり、僕のならっていた先生がつとめていた教室でもありました。その為、そこへ通う為に日暮里の安い宿に泊まり、通った日々を今でも思い出します。いつかは、暮れからお正月にかけてレッスンを受けていたこともあり、その先生がスタッフを集め小さな杯を手に『今年も宜しく』と言って乾杯されていた事を思い出しました。面倒見の良い先生、そんな印象でした。地方選手の僕らにも気さくに声をかけて下さる優しい先生。レッスンをして頂いた事も何度か。『お前達はどんなダンスを目指しているんだ?』と長いタバコをくわえながら質問された事に、今でも正確には答えは出せないままいます。そんな先生がレッスン中に倒れ、一週間後に帰らぬ人となったという事実は今でも信じられません。心筋梗塞だったと聞いています。救急車も遅く、初期の救命も上手く出来なかったとも聞いています。
以前から導入を検討していたAED。今回、導入したきっかけです。

CM撮影

今週の月曜日は、CM撮影でした。撮影は、昼過ぎから夕方まで教室の四階に缶詰で行われました。セリフはやっぱり緊張しますね。大分なれたと思ったのですが・・・。しかし、今回はダンスのシーンもありましたので、そこは流石に緊張も無く楽しく出来ました。このCMは、60秒もあるそうでお盆開けくらいには出来上がるとの事。地上波で流れますのでお楽しみに!

ダンス舞ライフ『大感謝祭』

去る6月23日(土)、第九回ダンス舞ライフ『大感謝祭』が、ベイサイドプレイスで開催されました。当日は、100名を超える(定員100名)生徒様、ご親戚ご友人の皆様にご参加頂きました。
この『大感謝祭』は、冬の晩餐舞踏会ではダンスタイムがほとんど取れないため、その穴埋めとして始めた事がきっかけです。よって、毎年ダンスタイムがメインとなっております。とは言え、今年も12組のアマチュア演技発表に加え、小中高校生の3人によるジュニアショー。4歳児3人によるキッズショー。サークル対抗の紅白戦(2年連続白組優勝)。シューズ券、松坂牛、魚沼産コシヒカリ等の豪華賞品があたる大抽選会。即席カップルによるジルバコンテストに、スタッフショーと盛り沢山でした。ご来場頂いた方々に楽しんでもらえていたのなら幸いです。ありがとうございました。
さて、12月14日(金)シーホークで行われる冬の晩餐舞踏会も、現時点で35組近い生徒様の演技発表が決まっています。スペシャルゲストには元全日本スタンダードチャンピオン谷堂組。こちらの方も是非よろしくお願い致します。
最後に、今回これらを盛り上るべく、ボランティアとして参加して頂いた4人の生徒様、協賛店のショップの皆様本当にありがとうございました。

本田圭佑が見せたもの

W杯アジア最終予選の三連戦を終え、トップ選手達が各地で子供やファンと交流をしたそうです。中でも興味深かったのが本田選手のニュース。子供相手に手を抜かず、負かしたというものでした。まぁ勿論、相当に手は抜いてるわけですが、子供達に勝たさなかったという事が真意なのでしょう。よく見る光景で、負けてあげるイベント的触れ合い。そこから学べるものは何か?『最後まで諦めるな!』というメッセージを盛んに投げかけていた本田選手。
彼は、幼い頃両親の離婚を経験したようです。また、順風満帆に見えるサッカーでも、G大阪のジュニアユースに所属していたもののユースへの昇格はならず、挫折も経験しているようです(良い選手はこういう経験が多いようですが)その後、高校サッカーで活躍。名古屋グランパスでプロになり、数年後オランダへ。今のロシアリーグにたどり着き、日本のエースにまで駆け上がっています。
さて、意図的に自分を追い込む数々の彼の発言には、驚かされる事もしばしば。先日、仲間の香川選手がイングランドの名門中の名門マンチェスターに移籍が決まった際のコメント。『僕もビッグクラブがふさわしい選手だと自覚している』と。良いですね〜。自分を高めて行く事に貪欲というか、しかし結果も残していますしね。先日の予選は大きな怪我明けなんですよね。あの活躍で怪我明けなんですよ。あのパフォーマンスからも、リハビリ中に色々やっていた事が伺えます。ビッグマウスだけじゃないんですよね。さらに、あのコメントの前後にこうも言っています。『彼にはビッグクラブが似合っているから頑張ってほしいし、誇りに思っている。良い形で彼をサポートしたい。』
プロフィール

ニレニレ

Author:ニレニレ
☆☆ダンス舞ライフ☆☆
 ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。