スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンピック男子サッカー

まだ、声がガラガラです。あの日に勝っていてくれさえしたら、このガラガラも勲章ってもんでしょうに。よりによって、まさかあんな小学生の様な負け方をするなんて。小学生にも失礼か。
教室には、深夜にも関わらず有志(勝利を疑うものは来てはならない)による応援が行われました。先制点時には、教室中に響き渡る歓声と何故か室内を三周位全力疾走している僕がいたりと。それもつかの間、徐々に雲行きは怪しく、ハーフタイム時には何か嫌な予感が教室内を支配していました。後半が始まり『足が止まってるなぁ』その瞬間ひやりとするもGKがファインセーブ・・・、『???何の映像』。二点目献上のシーンは一瞬でした。スローで見れば見るほど情けない失点。ボーッとしている選手達が何度も映し出され、相手にボールを奪われてようやく慌てるも時既に遅し。なでしこが一瞬のスキをついて勝利したのに比べ、あまりも情けない。
帰り道、『〇〇みたいな試合を見せやがって!』っと何度も吐き捨てながら帰宅した次第です。
スポンサーサイト

オリンピック前半を振り返る

オリンピックが始まり一週間が経ちました。熱戦が繰り広げられているイギリスは、ここ数年通っていたこともあり懐かしい限りです。ここまでの日本の成績はメダル数こそまずまずの結果ですが金メダルは2個。柔道女子、体操男子個人総合のみ。後半に期待したいと思います。
さて、今回も面白いことが沢山起こってますね。柔道ジャッジ判定の覆り、賄賂の疑いもあるボクシングのジャッジ判定によりジャッジ追放、オリンピック前にドーピング、ブログでの差別発言等で早々と姿を消した選手。無気力試合で失格となった選手。決勝にも関わらず反則負けで興ざめした試合。この数回前のブログでとりあげた事に繋がっている事柄だと思います。組織をあげて心を磨いて下さい。子供達の夢を奪わないでやって下さい。
とは言え、各地で熱戦は繰り広げられて名シーンも出ていますね。内村選手の『鉄棒で難度を下げましたが?』の記者の質問に『オリンピックの魔物に喰われそうになったから』は良かったです。ああいう選手は喰われないのでしょうが、落ち着いていましたね、おめでとう!
今日は教室で、約束通り男子サッカートーナメント一回戦の応援予定!なでしこは昨夜ベスト4進出を決めました、おめでとう!
さぁ、頑張れニッポン!

オリンピックが近いのに・・・

オリンピックが近づいていますね。もう10日あまりとなっているにもかかわらず、盛り上がって来ていないと感じるのは僕だけでしょうか?
ところで、このブログでも時折出てくる話題『スポーツ選手の人間性』。昨日のテレビの事です。元日本代表、元浦和レッズのエースストライカー福田さんの『男子U23となでしこジャパン』を空港で出迎えレポートの模様。
以下箇条書きで
選手はチームスーツを着ている状況なのでプライベートではない
大先輩であるはずの福田さんが出迎えている
挨拶を禁止されていない限り握手&挨拶は出来る状況
(U23エースの清武選手はしっかりと挨拶&握手をしていた)
にもかかわらず 
多くの選手が素っ気ない態度ですぐ脇を通り過ぎる

可能性として
TVカメラの向きのせいで、たまたま選手側挨拶を撮れなかった
福田さんが選手からかなり嫌われている
選手が極度の人見知り集団
 
個人的見解では、ここが盛り上がらない理由なのかもしれないと思い見ていた次第です。
疲れていたのかな?
若いんだから頑張ろう!
頑張れニッポン

ロジャーフェデラー

ウインブルドン2012。いよいよ決勝です。フェデラーが、ジョコビッチを破り決勝進出しました。久しぶりですね。
ところで、家にあるスニーカーで、踵に『RF』とロゴの入ったものがあります。実はこれ、ロジャーフェデラー仕様のスニーカー。というか、テニスシューズ。結構、愛用したので家にある靴の中ではボロボロのうちのひとつです。また優勝する事があれば買っちゃおうと思っています。

猫ひろしカンボジアマラソン代表決定!から一転

ちょっとだけですけど、可哀想でしたね。世の中にはいい加減な人が多い事を改めて実感しました。国籍変更がどうのこうのと言う話はさておき、ただのルール上のミス・・・。これ、今までにも結構ありましたよ。国際大会になると、結構な厚さのルールブックがあるらしく、しかも勿論日本人が得意(笑)な英語で。選手本人にも確認義務はあるでしょうが、専門のスタッフも、カンボジアの陸連やらもいたでしょうに。特に国籍変更問題は、昨今ドーピング問題に匹敵するくらいの問題になっているわけですから、慎重さが無かったと言わざるを得ないですね。
 さて、開催国イギリスでも国籍変更問題が結構な問題になっているそうです。勿論、ほとんどの選手はルール上の問題はないようですが、要は『突然イギリス人選手』が増えているそうです。そういえば、中東ではそんな話はもう昔からの様ですし、サッカーフランスワールドカップの前後に、フランスでは多くのアフリカ系選手を帰化させたことで、今でも微妙な問題を抱えているようです。まぁ、こんな話はざらなんでしょう。だから、ルールが出来たわけでしょうから。
 何だかなぁ、色んな人が地位や名声の為にうごめいている感じが・・・露骨で、下品で。選手も選手で、色んな人のお世話になっている事がわかってないお馬鹿発言が多くなって来ましたし。何も奇麗ごとを言うつもりもないんです。僕自身、たっぷり露骨な世界で生きてますから。よしっ、決めた!身体に悪かろうがどうなろうがドーピング検査廃止。国籍ルールもなし。メダルを高く買ってくれる国から出場するも良し。マラソンは、アフリカ系選手25人がトップ集団でしのぎを削り、卓球では中国選手がベスト8独占!そんな超実力主義の。オイルマネーで潤っている国や新興国から出場したい選手が続出。何なら買収も賄賂もありのありだ。新オリンピックの誕生!真の、本当に真の力が試される『新オリンピック』。どのみち多かれ少なかれ、不公平は昔からなのですから。
 それでも、僕は楽しみにしているんですよ。あの一瞬に爆発する『超人間力』を。あれを感じたいだけなのです。

猫ひろしカンボジアマラソン代表決定!

『猫ひろしカンボジアマラソン代表決定!』だそうです。これに関しては、賛否両論あるようです。僕は、色々考えた結果反対です。もちろん、猫ひろしさん自身が頑張っていることは、報道やタイムの向上を見ているだけでもでも良くわかります。ルールに則っての出場、堂々とオリンピックでも頑張ってほしいですし、応援します。
さて、先日の卓球の世界選手権等を見ると、未だに中国チーム以外のチームに中国系の選手がかなり出場していたようです。昔から色々と問題にはなっていたようですが、今はルール(帰化してもすぐに出場出来ない等)も少し変えたようですね。それだけ、卓球においては中国がすごいということでしょう!
ある番組で、元スケート日本代表の方が『この問題(猫さん)は掘り下げて行くと高校の特待生(県外や海外からの)問題とも同じ』と言っていましたが、それは少し違うと思います。国籍をかえるのと、県外入学とは全く違います。この問題の本質は、ルールで容認されていることは何でもやって良いのか?人の欲求とエゴ。私達にとって国(地域)とは何か?カンボジアのオリンピック全代表選手数は、かなり少ないと聞いています(確か数人?)。それなのに、『さっきまで日本人だった人』をわざわざ代表にする根拠や思惑、等々。ルールは問題ないのでしょうが、胸のどこかに引っかかる感じが問題なのでしょう。もしかすると、私達が普段からあまり考えたがらない問題。
ところで、お笑い集団『ワハハ本舗』が抱えるタレントである猫ひろし。ワハハには、柴田理恵、久本雅美等の人気タレントに加え、アイス『ガリガリ君』のCMソングでおなじみのポカスカジャンや、灘波金融『ミナミの帝王』でレギュラーの梅ちゃんこと梅垣義明などそうそうたる?メンバーが所属しています。
なにはともあれ、あと数ヶ月。最善の努力をして最高の舞台に望んでほしいです、ニャー。

謝罪

昨日のオープン戦の出来事。敗戦チームが観客の前に整列して謝罪をしたという記事が掲載されていました。まぁ、応援して下さった方に『申し訳なかった』という気持ちを素直に表した形なのでしょう。しかし、シーズンを通して、ずっとやるつもりなのか?と思ってしまいました。
 さて、昨シーズン限りでユニホームを脱いだある監督は、『勝つことに執着しすぎ、ファンを喜ばす采配をしない』と批判を受けていたそうです。しかし、『勝つ事は、ファンを喜ばす事』であるのも間違いがありません。プロというのは難しいですね。バランスが重要なのかもしれません。
 ところで、僕のスタッフは、失敗時に『謝罪』をする事を許されていません(と言ってもボソボソと言っていますが)。理由は、謝罪によってリセットされてしまう事がよくありますし、この手のパフォーマンスには飽きています。僕はこうも言っています。『謝らなくて良い。次回から同じミスをしなければ済む事』だと。先のチームも、謝ってもらわなくて結構で、是非ファンを喜ばせてあげて下さい。何かしらファンを喜ばせる事が出来たのであれば、特に謝る必要なはないと考えます。しかし、最近のプロ野球は、以前とは随分変わり大分楽しめる様になってますよね。

おめでとう!澤選手

年間最優秀選手に澤選手が選ばれました。なでしこJAPANの牽引者、文句のない受賞だったのでしょう。世界一ですからね〜。とにかく素晴らしい事です。世界一になったワールドカップの時、あまり興味がなかった自分を少し恥ずかしく思っています。これから、オリンピックや次のワールドカップと厳しい戦いを強いられるでしょうが、頑張ってほしいものです。また、澤選手は感謝の気持ちを忘れないですね。そういったところも世界一の選手としてふさわしいとのだと思います。昨今、自分の力ばかりを誇示する選手が目立つ中、やはり周りへの感謝の気持ちを持つ事は大切だと思います。人は、生きているだけで誰かの世話になっているのですから。
さて、今日の一曲

サッカークラブ世界一決定戦

惜しくも柏、負けました。まだ、ダイジェストも見ておらず結果だけしか知りませんが。そういえば、学生時代は南米代表と欧州代表が戦うトヨタカップが好きで好きでたまりませんでした。中でも思い出深いのがFCポルトVSペニャロール戦。当時は、中学生くらいだったかな?大雪の国立でした。マジェールという選手が大活躍した一戦だったと記憶しています。実況の『マジェ〜〜ル、マジェ〜〜ル!』が今でも耳に焼き付いています。すぐに、サッカーボールを持って家から出て行ったのを覚えています。
さて、今日の一曲。石原裕次郎さんからガラっとかえて、昭和のアイドルを。やっぱり、一生懸命な感じは大切ですね。サッカーマンガの主題歌でした。西村知美さんです。ちなみに、この曲ももちろん大好きです。

浅田真央選手

お母様の容態が思わしくなく、グランプリファイナルを辞退しての緊急帰国となったそうです。ちょうど最近、TVで彼女の演技を見て『凄く良くなってる』と感心した矢先でした。僕も三流ながらダンスをやっている身ですので、少しは内面を見れるつもりです。その内面の力強さを見ての感想でした。この報道まで、僕はお母様のことは全く知りませんでした。きっと、少なからずこの事が彼女を強くしたのでしょう。そう思うと、胸が締め付けられます。ガンバレとエールを送りたいです。
また、緊急帰国に賛否あるようですが、帰国した彼女に賛成です。やはり、大切なものは大切なのです。何より、彼女がそうしたかったのだから。
さて、今日の一曲

J2佐賀

J2の佐賀がJ1に昇格しました。おめでとうございます。また、J1から降格してしまった、福岡にもまた頑張ってもらいたいもです。J1では、昇格一年目の柏が初優勝ということで、どのポジションにいてもチャンスがあり、逆に気を抜けないことが容易に理解できます。毎年複数チームが昇降格するJリーグは、本当にプロだなぁと思わされます。さて、佐賀といえばなかなか認知度のない県として有名ですが、これを機に全国区の県になってもらいたいですね。柏の様にJ1昇格後即優勝もあるわけですから、夢を追いかけてほしいです。昨年、柏の選手が昇格直後の言葉が印象的でした。『このままJ1の殴り込みに行きます!』。このくらいの覚悟が無ければ、難しいのでしょう。
さて、久しぶりの今日の一曲

日本シリーズ

いよいよプロ野球も佳境に入ってきましたね。今年の日本シリーズは『中日VSソフトバンク』。思い出しますね。何年か前にもこのカードがあったんです。
実は私、三重県四日市生まれで7歳までおりましたので『ややドラゴンズ』なのです。当時の日本シリーズは、微妙なニュアンスで戦況を見守っていまいました。それに、実父はドラゴンズを応援しているでしょうから・・・。まぁ、どちらが優勝してもやや残念でちょっと嬉しい感じでしょうか。
さて、今日の一曲です。このグループからもう一曲。今日の一曲

世界柔道

パリで行われていた世界柔道が閉幕した。前半の軽中量級ではまずまずだったものの、それ以降は惨敗に近い格好となった。僕は、スポーツが好きなので、F1、水泳、陸上、バレー、テニス、ゴルフ、バスケ、サッカー、野球、卓球、ラグビー、アメフト、ツールド、ボクシング等々、ありとあらゆるジャンルを見る。しかしまぁ、柔道程負けて悔しい気持ちになるスポーツはない。何故だろう・・・。相撲は、相手を投げ飛ばして、その上『どうだ!』とばかりに睨みつけたり、ガッツポーズをすることは無い。もし、そんな事をすれば(最近の力士にはいたが)ブーイングものだ。『勝てば良い!』。スポーツだから、勝ってなんぼ。負けて語れば、負け惜しみにしか聞こえない。だからと言って、フランス選手団が、審判にプレッシャーをかけるか如く、観客を煽ってブーイングを誘う行為(しかも重量級世界王者が)はとても見苦しかった。確かに、世界の戦い方になじめず(組み手重視等)負けた日本にもイライラはする。しかし、その事を含めて、一体『柔道界』は世界に柔道を広めて何がしたいのかが見えてこない。勝ってなお、畳から出るまで相手への敬意を忘れず、勝利の味を師匠とアイコンタクトだけで味わう様な、いわゆる日本独特の伝統文化が世界には輸出されていない。だからこそ、敢えて声を大にして言おう!柔道は国内戦が面白い。

松田選手

サッカー元日本代表松田選手が昨日亡くなりました。まだ30代、早すぎますよね。僕はご存知の通りサッカー観戦が大好きで、強く影響を受けたのが90年W杯イタリア大会でした。ですから、もちろん日韓ワールドカップも夢のような気持ちで観戦していましたし、松田選手のプレーも頭に刻み込まれています。それ以外においても、これまでの功績は凄かったですが、まだ、やりたかった事も沢山あったことでしょう。ただただ、残念なニュースでした。心よりご冥福をお祈り致します。
日本!日本!松田直樹!!
日本!日本!松田直樹!!
プロフィール

ニレニレ

Author:ニレニレ
☆☆ダンス舞ライフ☆☆
 ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。